韓国輸入仕入れ転売プロフェッショナル通信

30歳を機に輸入・輸出転売ビジネスで独立し、大きく飛躍してゆく様子とノウハウを公表していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LCCについて。

こんにちは林です。

改ましてなんですが韓国へ行くのは旅費が安いです。
ヘタをすると東京ー大阪間の新幹線より安く行けてしまいます。

特に大阪の方々はピーチ航空という韓国まで片道料金が1万円を切るようなLCCも
あり、日帰りでソウルに来る方も結構いると通訳の方も言っていました。
ピーチ航空


私は東京に住んでいるのでピーチ航空の恩恵は受けれませんが関東にもLCCが幾つか就航しています。
ソウルまで格安で運んでくれるLCCとしては。
イースター航空
バニラエア

バニラエアですが、昨年の12月に立ち上がり、今月に入りやっと韓国までの案内が始まりました。
っというのも。

バニラエアは元々、ANAと提携し成田ー仁川(ソウル)まで飛んでいたエアアジアの路線だったのですが。
エアアジア

あまり収益が出ていない、その前に両社の連携に問題点があったのか昨年の10月に提携が解消され、
この度、バニラエアとして再出発したという経緯があります。

思った程収益が出なかった理由としてはエアアジアのネットでの予約システムの不便さ。
が一番の理由だったと言われており。

私も何度も利用してましたが不便です、なんか外国用のネットサイトを無理やり日本語対応にしただけという使い心地でした。

※エアアジアはマレーシアの会社なので。

なのでバニラエアはANAの100%出資で始まったLCCなのです。

先日は就航キャンペーンでソウルまで往復1000円キャンペーンもしていたので、思わぬ収穫で格安にて韓国まで行けるかもしれません。

是非、渡航の際は候補に入れてみるのも良いでしょう。

ちなみに私は快適さを求めたいのでJAL、ANAに乗りたいですがね。

それではまた。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
スポンサーサイト
  1. 2014/03/02(日) 10:47:02|
  2. ノウハウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分をコントロールする事が大事。

こんにちは林です。

何事でもそうなんですが人間苦境に立たされると頑張れると思うのです。
ただ、苦境になんて立ちたく無いですし、この現代日本でそこまで苦境に立つ事など
少ないと思うんですよね。

物販において上手く行っている人と上手く行ってない人の「差」ってなんだんだろう?と
考えてみたのですがこれも答えは出ています。

「やってるか」「やってないか」だけです。

「やってない人」とはどんな人か?

情報コレクターでやれない理由を探しては口にしている人です。

物販は以前もブログに上げましたがあらゆる副業ビジネスの中で簡単な部類に入ります。
しかも今は荷物までAmazonが預かってくれたりするので、荷物の置き場にも困りません。

デメリットが減りまくっている訳で。

そうはいってもやらない人の方が多くを占めるのは何故か?
それは自分をコントロールする事が出来ないからに他ならないと私は感じています。

これは他の人を見てそう思ったというよりは自分に当てはめて気付いたんですがね。(^^;)

まぁ、やっぱり忙しい毎日に流されてしまったり、なんかこの辺でいいやなんて感じて行動止めて
しまったりすると思うんですよ。

仕事終わったら仕入れでBookoff寄るよりお酒飲みたいとか思う訳で・・・

要は上手く行かない理由は市場の飽和やライバル増加などよりは「内なる自分」の事の方が
多いと思うんですよ。

そこを打開するには、しっかりとした計画と習慣を付ける事ですかね。
そうすれば必ず稼げるのが物販です。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
  1. 2013/09/11(水) 06:53:53|
  2. ノウハウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Amazonマルチチャネル

こんにちは林です。

セミナーとか懇親会でお話するとお話すると喜ばれる事が多いというか、意外と知られて無いと驚いたのがこのサービスです。

Amazonマルチチャンネル

AmazonにFBA商品として送り、ヤフオク等、他のプラットフォームでも同じ商品を出品し、そちらで売れて手元に商品が無くてもAmazonに納品した物をAmazonがヤフオク等で落札したお客様に配送してくれるサービスです。

これでAmazonを完全に倉庫代わりという考えでもまったく問題が無いわけです。

つい、先日お急ぎ便にも対応しました。

やはり、様々なプラットフォームに出品した方が売りが伸びます。

そして在庫の置き場は家では無く、Amazon倉庫とする事で枕元まで荷物が押し寄せると数年前まで物販のデメリットの様に語られていた現象は笑い話と化したのです。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
  1. 2013/09/09(月) 08:22:42|
  2. ノウハウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕入れたらFBA出品だ!

こんにちは林です。

実はこの本日のブログの題名なのですが半沢直樹風です。
「やられたら倍返しだ!」のノリで読んでくださいね。w

さて半沢直樹を見た興奮冷めやらぬ中、ブログを更新しているのですが、
最近やたらと話題作が目白押しですね。

「半沢直樹」、「あまちゃん」、ぎりで「八重の桜」ぐらいですかね。

特に「半沢直樹」、「あまちゃん」は口コミでの反響で回を追う毎に視聴率が
伸びています。

まぁ、実際面白いんですけどね。

それに伴い、やはり色々と関連商品に高値が付いています。
正直、こんなのおまけで貰えるかもしれないレベルです。
半沢直樹クリアファイル

あまちゃんクリアファイル

しかし我々、物販に従事する者の中でこの話題作を見ていない人っているんですかね?
はっきりいってありえません。

物販人たるもの最先端の流行に乗る!

これです。

そして共感出来れば勝ちです!

残念ながら
「なにが面白いかわからん・・・」っという感想を持ってしまう方もいらっしゃると
思います。

ただ、そういう方は物販と言いますか、人を相手に商売をする事に向いていない可能性があります。

感性がある方が物販でも有利です。
さぁ、感性を磨きましょう、感性を!(大和田常務風)

ちなみに今回は題名、全く関係ありません、失礼致しました!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
  1. 2013/09/01(日) 22:55:05|
  2. ノウハウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

騙されてはいけませんよ!

その事件が起こったのはかなりレアな商品であるヨーロッパから取り寄せた日本未発売の
オリンパス製一眼レフカメラをヤフオクにて出品した時でした。

順調にウォッチリスト数も伸び、手ごたえを感じていた中で
直接取引のオファーが来たのです。

しかも英文で。

内容としては

「友人の誕生日に贈るプレゼントとして貴重なこの商品を探していた。
是非、20万円で売って欲しい。このメールアドレスまで直接連絡してくれ!」

っという内容で最後にGmailアドレスが記載されていました。


商品に自信のあった私としては海外でヤフオクIDも無いのだろう、
とってもこの商品が欲しいのだろう、
確かにそれぐらいの魅力のある商品だからな。

っということでなんの疑いも持たずに直接、アドレスに連絡しました。

その後はお礼のメールや送り先住所などが送られてきました、
対応はとても迅速でした。

商品の送り先はアフリカのナイジェリアでした。
友人はフランス人だそうです。

ナイジェリア・・・

聞いたことはあるがどこなんだろう?

そんな感じでした。

その後のやり取りですが、やはり対応は迅速で
PayPalですぐに支払うと言うことで向こうからPayPalの支払い状が
届いたのでこれは凄い事になったと感じていました。


ただちょっと違和感を感じたことがあったのですが、支払いは
郵便局からEMSを送ってからだというのです、後払いだと言うのです。

その辺が納得できないのでやり取りをしていたのですが、
ある日、向こうから送られてきたPayPalメールがGmailの迷惑フォルダーに
はいったのです。

さらに向こうからも迷惑フォルダーに入る事があるから注意してくれと
いうコメントがあったのです。

私は直感で感じたのですが、PayPalのアドレスが迷惑メールに入る訳が無いと
思ったのです。

なぜなら迷惑メールはGmailの統計で迷惑メール指定されているから
振り分けられていると感じてましてPayPalはその対象に入って無いと思ったんです。

っと言うことはこのPayPalを名乗るアドレス、怪しい。

あと、ナイジェリアの届け先はどこなのかGoogleマップで検索してみたのですが、
出てこなかったんです。

Googleは英語圏に強いはずなので出てこないのはおかしいと感じたんです。

そこで色々調べてみたらこれだったんですね。
ヤフーオークションに出品したらあの有名なナイジェリア詐欺がやってきた

ナイジェリアの手紙
Wikipedia



危ない所でした!w
EMS発送の準備もしてましたよ!w

最後は「Kill You!」と送ったらそこからは何の返事もありませんでした。w


それからも日本未発売の海外で人気の商品を出品すると結構、メール来ます。

きっとナイジェリア国内に組織があって沢山のバイトがいてパソコンの前で対象商品リストがあって世界中のオークションサイトを検索して
連絡してるんだろーなと推測しています。


数打ちゃ当たる的な感じで。


そしてナイジェリア国内の住所は恐らくデタラメですが組織の本へ商品が届くのは通関に組織の人間がいるんでしょうね。
そんな国だと思いますよ。

恐ろしいですね。

皆さんも上手い話しの英文にはご注意を!w

それではまた。
あっ今日は冒頭でご挨拶忘れてました。w

こんにちは林でした。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
  1. 2013/08/31(土) 13:42:46|
  2. ノウハウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。