韓国輸入仕入れ転売プロフェッショナル通信

30歳を機に輸入・輸出転売ビジネスで独立し、大きく飛躍してゆく様子とノウハウを公表していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Amazonの規約が変わったそうな。

こんにちは林です。

中国仕入れをしている人々の間でかなり話題になっているそうですが。
Amazonの規約が変更になったそうです。

どのような規約変更かというと商標権に関する部分なんだそうで。
転売ヤーが多数を占める中国仕入れでは「商標権」を取って商品を新規登録し、
カタログへ乗っかてくるセラーを締め出すという手法が流行っていたそうです。

とはいってもAmazonのルールは1商品1カタログなので間違いなく同一商品であれば
他のセラーを締め出す事自体おかしな話だったのですが。

商品名に自社の名前を入れたり、商品のブランド名を自社の名前にしたりなどして
登録していたようです。

そしてそこへ便乗すると脅迫メールを送りつけるといった手法です。

実は私も軽く中国仕入れをしているので(全体の1割〜2割程度)すが。
規約変更2日前に下記のような文章が競合担当者から送りつけられてきました。

相手の社名や担当者名、商品名は伏せさせていただきます。


社名のAと申します。
取り急ぎ用件のみ、お知らせ申し上げます。

林様の販売されている商品、
〈商品名〉
の出品をお控えください。


当店では、業務上の信用保護のため、
商標を出願しています。

出願番号:商願2014-☓☓☓
商標:社名

今後、林様が当ページにて商品を販売された場合、
商標法第三十八条に基づき損害賠償請求をさせていただきます。


よろしくお願いいたします。



正直、こいつは何をわけの分からない事を言っているのだろうかと思いました。

そもそも商標登録はこいつの会社の社名で取っているだけであり商品は該当しないこと。
しかも損害賠償って安っぽい中国製のグッズが5個。。

損害額は900円ぐらいですかね。w
どうぞ、ご請求ください。w

まぁ、一応返信の前にAmazonへ確認した所、1商品1カタログの旨と規約が近日中に
変更になるという説明があり。

なんとその翌日には規約変更で商標があるとうたったようなカタログの文言をAmazonが
変更するというお達しがきて。

この警告をして来たセラーへ対しては私から厳しい業務改善命令を下しましたが返信がありませんね。
3日前ぐらいからお先真っ暗なんでしょうか?


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
スポンサーサイト
  1. 2014/05/29(木) 10:24:34|
  2. Amazon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Amazonの手数料を一発計算。

こんにちは林です。

Amazonの手数料ですがご存知のようにかなり馬鹿になりません。
油断するとタダ働き、下手すると手数料を献上しているだけという英領ビルマのような扱いを受ける羽目になります。

Amazon自体にに手数料計算のページも用意されていますが最近はもっと簡易な感じでカジュアルに手数料を調べられるサイトも多く、重宝しております。
Amazon手数料を一発で計算。

Amazonの手数料は不平等条約ぐらい高いので注意が必要ですね。

ちなみに私はそろそろ独立運動を画策しています。
独立の為の戦士を募集します。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
  1. 2014/02/13(木) 08:59:25|
  2. Amazon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

客の立場となり痛感するAmazonプライムの衝撃。

こんにちは林です。

Amazonは顧客の手元に迅速に商品を届ける事を第一にサービスを展開しています。
日本では大体、注文後翌日には商品が届きますし「お急ぎ便」を利用すれば当日中の宅配も可能な地域も多くあります。

本国でも顧客へ迅速に商品を届ける為に様々な取り組みがなされています。
米Amazonヘリで宅配。
米Amazon予測出荷の特許取得。

いやー凄いっすね、ヘリで商品が届いたら驚きます。
また、この予測出荷。

このような発想は顧客に早く物を届けるという執着が無いと生まれないのではないでしょうか。

そのように便利なAmazonですが、出品者がその機動力の恩恵を受ける為にはFBAに入庫する必要がありますが。

昨日、まさにAmazonプライムのありがたさを痛感する出来事がありました。
今週中には手に入れないといけない物がありAmazonにて購入しようとしたのですがAmazonは在庫を持っておらず、
出品中のセラーは手元発送。

問合せすると発送は週末になるということで。

間に合わない・・・

その後、楽天等も探しましたがあっても到着は土日ぐらいになるとのこと。

間に合わない・・・

結局、銀座のお店に予約して明日取りに行く事にしました。

ネットでの買い物ってまだまだ不便だったんですね。

いや、唯一Amazonプライムのみがその問題を解決している訳で。
そら、Amazonさん一人勝ちしますわー。

っと痛感した出来事でした。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
  1. 2014/02/11(火) 08:48:12|
  2. Amazon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Amazonを無料のTSUTAYAとして利用する輩。

こんにちは林です。

東京の雪もかなり溶けて来ましたが。
昨日は成田空港が大変な事になっていたようですね。
成田空港陸の孤島化

まぁ、私も大体8割ぐらいは渡韓時に成田空港を利用しますが、とにかく遠過ぎます。
成田エクスプレスや京急スカイライナーがあるので1時間ちょいぐらいで都心から到着するのですが一昔前は海外に行く為に空港周辺ホテルへ前泊が当たり前だったそうじゃないですか。

アホ過ぎです。

今は前泊する客がほぼいないので周辺ホテルはどんどん潰れているそうで。。

ただ、


当たり前です。


まぁ、日本の国際化の為にも早く羽田空港に国際線の主力を移した方が良いと思います。


さて、Amazonでは時に商品が返品されて来て返金というケースがあります。
問合せ対応、返品対応すべてAmazonんが実施してくれるので便利なんですが。。

返品理由としては

「間違えて注文した」とか
「付属品が付いていない」とか
メディアの場合「音飛び、再生出来ない」とか。

ただ、ほとんどがふざけた理由です。
しかしながらAmazonはどんなふざけた理由でも返品に応じる姿勢です。

購入者に優しく、セラーにはちょっと厳しいのがAmazonなんですが。


先日、新品の商品が開封され見るも無惨な姿で帰って来まし・・・

っというのは少し大げさですが。w

開封されて帰って来ました。
理由は「音飛び」

「韓国製のメディアは音飛びの可能性があります。」と注意書きされているセラーもいますが。

断言しますが。
する訳ないだろう。です。

新品で音飛びってなんですか?
韓国製だから。

完全に偏見でしかないでしょう。w


CDごときロクに作れないような後進国なんですかね韓国は?
少なくとも5年前の日本ぐらいの技術力は持っているでしょう。

音飛びするCDは新品ではまずあり得ない。


まぁ、私も普通にiPhoneに曲を入れておきましたが。

どうせこの返品者も録音して返品したんだと思うんですけどね。
無料のTSUTAYA状態です。

ただ、こんなモラルの無い人は日本ではかなり少ないのであまり無いケースでもあるんですがね。
気にせず行きましょう。

ただ、1万円を超えるようなプレミアの商品でこんなことされたらと考えるとゾッとしますがね。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
  1. 2014/02/10(月) 10:57:05|
  2. Amazon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Amazonバイトは粛々と作業のみに徹する。

こんにちは林です。

東京は雪が降っております。
感想はメルマガにて。

さて、AmazonのFBA納品作業では商品いバーコードを貼付けます。
こういうシールになってる物に印刷すると便利ですが。
ラベルシール

私のコンサル生さんで昨日、電話にてご報告があり、ちょっとしたトラブルがあったそうで。w

wを付けてしまいましたが。。
完全にヒューマンエラーでして。。

○○さん、ちょっとそれは○○さんが悪い!w

って話になってしまい、笑い話でも無いんですがね。^^;


要はラベルを同じアーティストの違う商品に貼ってしまったと。。
更に運の悪い事に注文したのは日本に短期滞在の外国人の方で急いでいてトラブル。
相手からのメールは英語・・・


いやートラブルは重なるものです。
日本人の方ならまだ交渉の余地もあったのでしょうが相手は急いでいるのでご立腹だったそうで。

問答無用、評価1を付けられたそうです。。。


まぁ、Amazon倉庫は膨大な物流倉庫でして。
商品は全てバーコードで粛々と管理されています。

Amazonスタッフさんがこのジャケットは違うとか、そんな臨機応変な対応をしてくれません。
粛々とバーコードを読み取り出荷されますので。

最終チェックは皆様のお手元です。
努々忘るるなかれ・・・


ちなみに最近はラベルサービスも依頼しやすくなってます。
商品ラベル貼付サービス

1商品あたり80円弱とられますが細々していてめんどくさい物とか今回みたいにアーティストが一緒で
混乱してしまいそうな場合は有効かもしれません。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
  1. 2014/02/08(土) 09:06:54|
  2. Amazon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。